スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤いパンツ事件

2006年05月27日 11:38

この数年、あっかの背中のニキビがあっかにあっか、いえ、悪化に悪化し、かわいそうな状態になってしまいました。今までに何度か皮膚科など行きましたが状態は良くならず。しかし夏が来る前にどーしても治したく、知り合いの紹介で車で30分の市立病院へ。日本で5番目くらいにはいる程の、皮膚科の有名な先生だとか。ほほー。へへー。



診察室に入るとお肌ぴかぴかの爽やか先生が。「はいどうぞー」
あっかはどうも昔から「お医者さん」に弱い。
忘れられない先生が何人かいる。
ぎっくり腰の時にマッサージしてくれたイケメン先生。
夜中救急センター駆け込んだ時に毛布をかけてくれたイケメン先生。
眼科診察の時に「目が綺麗ですね」といってくれたイケメン先生。
まぁいいや。あの、弱ってる時は弱いんです(なんのこっちゃ



はい。それで皮膚科の爽やか先生。
あっかさんの皮膚の状態を丁寧に見始めてくれました。
[赤いパンツ事件]の続きを読む
スポンサーサイト

元気玉

2006年05月20日 15:10

元気玉

【使用者の内なる気だけではなく、周囲の生命体からも元気を集めることにより作りだす、強大な気弾。界王が悟空に究極の奥義として授けた技。考案者は北の界王だが、界王拳同様に体得者が現れるとは思っていなかったようで本人も極めてはいない。気を集めるのに時間がかかる。元気玉を作ることが出来るのは悟空のみだが、悪の心が無いものならば誰でも操る事が出来、作中ではクリリンが悟空から受け取った元気玉を放った。
映画では「純粋な心を持つものしか扱えないため、悪の気がわずかに混じる超サイヤ人になると集めた気を逃がしてしまう」という設定があったが、ブウ篇ではセル篇で超サイヤ人コントロールの修行により超サイヤ人状態でも元気玉を操っている。気を集めている際のセリフ、「地球のみんな、オラにちょっとだけ元気を分けてくれ」はやたらと有名である。 】


ドラゴンボール
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
より引用。







シラナカッタァ ( ̄△ ̄;)!!



私ドラゴンボールはきちんと通ってきてナイのデシテ、
「元気玉」という単語は知っててもその詳しい意味とかなんたらとか
全然知らなかったです。今調べて初めて知りました。
恥ずかしいです。元気玉も知らずにぴあの弾いてたとゎ!
[元気玉]の続きを読む

地質調査から宇宙交信へ

2006年05月19日 16:41

ぴこぴこぴこ。ぴろぴろぴろ。

いや、多分真面目な話がしたいはずだ今この子は。えと。

狭い練習室で一日の殆どを過ごす日々。
制限は時に想像力を豊かに育てる。
で、ピアノを弾く上で
不可能な事は何一つ無いという絶対的な確信。




人間関係もだけど、ギブ&テイクとか、エネルギーの良い循環が産まれると、本当は疲れないはずなんじゃないかなーとか思う。与えた分満たされていく、満たされてこぼれた分で自然とまた与えることが出来る。その循環。


ずーとずーとずーとずーと鍵盤向かってて、神経から魂から全部持ってかれるようで、数時間弾くともうクタクタになってしまった。さっき。でも、疲れるのっておかしいんじゃないかなってふと思ったんだ。
[地質調査から宇宙交信へ]の続きを読む

低血圧あっかは地質調査へ

2006年05月17日 09:30

おはようございます。低血圧あっかです。
朝ムリ。なのに起こすの。うちの子。わんわんと。朝の4時半から。あ、うどんじゃないよ。リアルワンコの方。6時半まで待たせてから散歩行ったさ。そんで帰ったら同居人の弟U君が駅まで送れー遅刻するーと騒いでて。送ってあげてる最中、信号止まる度に奴は「うぉをををっをを!」って叫ぶし。父の運転なら間に合うのにーとかぶちぶち言うし。あたし何か悪い事したんか?と聞けば「いいえ。俺は信号に吠えてるんだ」と。犬かーお前は。朝からみんなワンワンわんわんわんわんわんわん。。。私は低血圧なのだー。だぁー…。


…ということでやっと身体も覚めて来ました。お茶を沸かしてポットに入れ、今日も一日頑張りましょうと、今から音楽室へ戦闘体制へ。



本番まで多少時間の余裕があると、こだわりまくった練習が出来るので嬉しいです。余裕がない時ほど、とりあえず音楽の「大枠」を作ることの方に意識が行く気がする。まぁ、「富士山」を人に伝えようとした時に、時間が無ければあの台形(?)っぽい形書いててっぺんにぎざぎざの線を引いて雪を書けばとりあえず富士山ということは伝わる。外観分からずにいきなり地質調査の報告書を出されてもあまり富士山ということは伝わらない。ってことかもしれん。

演劇の台本だとすると、うーん、全体のストーリー分からないまま、どっかの一部分の「愛してるよ」ってセリフだけ抜き取っていくらそこの喋り方だけ練習したってしょうがないだろ、ってことかもしれん。しかし____。
[低血圧あっかは地質調査へ]の続きを読む

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン

2006年05月06日 10:26

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンの関連イベントして、昨日は丸ビルで演奏させて頂きました。丸ビル系ビルのあちこちに特設ステージや演奏スペースが作られ、たくさんのアーチストの30分ごとのプチ演奏会が無料で聴けるというもの。
私が演奏させてもらった丸ビル35Fの吹き抜けスペースは、大きなガラス張りからは真昼の光が差し込み、景色も見れるし、音響もちょうど良い響き具合でした。それに加え、この場所に用意されたKAWAIのピアノがとてもよかった^^まだ入ったばっかということですが、今後もこの場所に置かれるのだとか。是非ぜひまた触れたいです。良い場所で良いピアノに触れる機会が増えると、音色やアレンジのイマジネーションの幅が瞬時に広がる。うーん。おうちようのあたらしいぴあのほしぃ。 。。。


この日のあっかのプログラムはもちろんオールモーツァルトでした。2月にも「鍵盤ハーモニカでモーツァルト」というイベントに出させて頂いていたので、何曲かは同じ選曲でいけました^^;。「アレンジモーツァルト!」というコーナー名だったのですが、1曲はモーツァルトオリジナルで弾きたいなぁという気持ちが強くあり、「デュポールのメヌエットによる変奏曲」はおたまじゃくしで演奏。やっぱりモーツァルトは天才。作曲家は素敵。いつも心から尊敬し、感動しながら編曲させてもらっています。

今年1年はモーツァルトイヤーですので、まだまだモーツァルトアレンジの持ち曲も増やしておきたいなーと思いました。まる。



音楽ブログランキング


最近の記事*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。