スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生徒から教えてもらったこと

2006年06月25日 21:43

今日は小学生と中学生の姉妹のレッスンでした。
彼女たちは元々姉さやかの生徒さんだったのですが、昨年からイギリスに行ってしまった姉から引き継いで、あっかが教えるようになって早1年。。。

妹のMちゃん(小5)はレッスンに来てもいつもお母さんにピッタリくっついてる甘えん坊の恥ずかしがりやさん^^。でもピアノはタッチもリズムもはっきりしてて、ハノンもバッハも超元気いっぱいに弾きます☆

姉のYちゃん(中1)はさすがお姉ちゃんでしっかりさん。この歳の子にしては珍しく「バッハが好き」という素敵な子☆エチュードを弾いていても歌心をもっていて、どの曲も、横の流れでフレーズ長く音楽を捉えて弾きます☆



あっか先生のレッスンは「弾いてる本人がピアノ楽しいっ!と思って弾けるようにお手伝いをする」。しかし、弾いて楽しいと思えるには最低限のテクニックを身につけたり、基本を知っていた方が良かったりして。その一見辛い基礎練やテクニックの身につける過程をも、「楽しい!」と思えるようにーと、毎週手を変え品を変え、いろんな角度から攻めてみます。

辿り着きたい理想像が明確だと、そこまでの過程とか努力ってちっとも苦にならなかったりする。いかに「コー弾きたい!」を本人から引き出せるか。が先生としての重要ポイントかもしれんと、いつも思う。先生って難しい。あと単純に、教えるって難しい。先生専門職でやってる人って、どんな分野でも凄いなって、ホント思う。



えー、


そりで。
[生徒から教えてもらったこと]の続きを読む
スポンサーサイト

たーぃもない話。

2006年06月16日 14:34

たとえば? 今日、雨すごかったね。とか?

『そうそう。そういうね、サザエさんの食卓的な会話、お前の口から聞いたことがねぇもん。それ出来ないうちは、お前変わんねぇよ。』

んーあたし普通の会話もしてるじゃん。これ美味しいーとか。
ちゃんと目も見て話せるようになったよ。

『してても、お前から陰々鬱々オーラが出てんだよ。
 あとは、「くれくれオーラ」。』



うん。ゴメン、出てんじゃなくて、
出してんだ。アンタの前だから。



とは言わなかったけど。
でも多分、これでも人と場を選べるようには少しなった。
彼は滅多に会わないけど、話せば叱ってくれる友達。
今は彼の言ってくれる言葉も、理解できるようになった。
それだけでも、ほんのちょっとは進歩って呼んで。
_________________________



たーぃもない話をすることが、
中身のない意味のない話にしか感じられなかった時期がある。
大勢でわいわいと"クダラナイ話"で盛り上がっている場を眺め
一人まるで高尚なことを考えているつもりですらいた。
[たーぃもない話。]の続きを読む

壁に穴を。穴に熊を。

2006年06月09日 22:28

壁穴1 壁穴2


朝。雨の音で静かに目を覚ますと、
右側の壁に、
いつもの朝の風景には無いものがあった。





壁に穴が。





身に覚えは










ある ( ;; ̄3 ̄)
[ 壁に穴を。穴に熊を。]の続きを読む


最近の記事*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。