スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大事件。米が!米が!

2006年03月22日 11:32

米米CLUB再結成、9年ぶり7カ月限定

米米がぁ!

           復活っ☆



はーーーーーーーとこちゃぁーーーーーーーん!!☆

←ワカラナイ人ゴメンナサイ。朝から大暴走中。


米米クラブ復活です。
彼らに出会った当初はまだ小学生。
ライブに行きたくても行けるわけもなく、
CDを聴くのですら、ヘッドホンで聴いていた。
(クラシック以外の音楽を聴く事に罪悪感があったためw)

姉と二人隠れてライブビデオを見ていたあの頃。。(T-T)
あのステージの中に混じりたくてしょうがなかった。
「なんでクラシックの演奏会はこうならないんだろう」
彼らを見ながらいつもそんな話を姉としていた。
そして、
特にソロピアノで1人で舞台に立つことの多い自分らにとって、
あの大人数で一緒に楽しみながらステージ上で音楽を奏でる姿は、
羨ましくて仕方の無い、夢のような憧れの世界だったの。だ。


「総合エンターテイメントショー」
クラシック音楽であっても、お客さんとステージが一体となり
楽しくてしかたのない空間を演出することは可能なはずだ!
こうして影響を受け、自分達が高校生になると、二人のジョイントコンサートやトークライブは、クラシックでありながらも何か出来ないか、といろいろ工夫した。姉は高校の文化祭でクラス全員で米米ライブちっくな企画やったり。

また、映画もアートもべしゃりも何でもかんでもやってしまうてっぺいちゃんこと石井竜也。「ソーリーミュージック」と言われるエンタメお笑い系の歌と、スタイリッシュなモードの時のギャップ。PVや舞台美術へのこだわり。どんなジャンルの音楽が混じろうと失われない「POP感」。確信犯的な多面性と、どんなにおちゃらけても逆に際立つある種の「品格」。そのスタイルの全てが、その後のあっかの表現活動の全てに多大なる影響を与えたと思う。





堂々とクラシック以外のライブに行ける歳になったころには
彼らはとっくに解散してたのだが。。




今諦めていた夢が再び現実に!
きゃぁあああああああああああああああああああ。





日本の景気まで良くなるかもしれない。うん。



横浜さ。ヨコハマハマハマー、はまはまさぁーっ。
ハマハマー ハマハマー !!!!!!!

だめだ。嬉しすぎて興奮してます。ごめんなさい。
あっかちゃんあたまがぽっぽっぽっぽっするの。
あっかちゃん… あたまが… ぽっぽ… 

ぽっぽっぽっぽ



_____________ハンドルをっ握って頂戴!!!



注※ BGM:米米クラブ【ホテルくちびる】
スポンサーサイト



最近の記事*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。