スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球に逆らわない

2007年06月30日 10:05

ぱちっ。


目が覚めたら7時でした。なんて爽やかなお目覚め!
☆ヽ(●´∀`ぉ)ノ(●´∀`は)ノヽ(●´∀`ょ)ノ(●´∀`ぅ)ノ☆



昨日はライブ来て下さった方ありがとうございました!
お洒落カフェ渋谷spuma。
渋谷といってもこの辺りは好きです。公園通りそば。




で。
昨日のテーマは「地球に逆らわない!」でした。
というのも、相方と2人。結構疲労ぴーくで。
雨は降るし湿気多いしじめじめじとじと…
この中どーやってライブしようと考えていて。


人間いつのまに身体も心もいろんなとこ力入っちゃってるんじゃないかなーと。うどん(あっかのぬいぐるみ)をね。机の上に置いた時、いい位置に座らせてあげないと「ころんっ」って転んじゃうの。でも、地球に対して真っ直ぐな位置に置けば、支えてなくても自分で座ってられるわけで。

でも人間は、自分で力を入れることが出来ちゃうから、無理な姿勢、無理な精神状態、体力的に無理なこと、も、なんとか頑張ってしまう。すると、ムリが溜まって疲れも溜まって、身体も心もかちんこちんに固まってしまう。のでは!



ピアノ弾く時に、地球の力を利用する。
ということを最近気をつけるようにしてみた。
とにかく力も気も上に上がり気味のため、足の冷え性からの腹痛などが起こりがちの自分。気を下げることで肩の力も抜ける。自然の身体の重さと重力だけで鍵盤に重みが乗る。あとは移動。移動も「慣性の法則」を利用する。正しい方向(描いたビジョン、目的地)に力を「送り出す」だけで、動かし続けようとしなくても、物体というのは動くのだ(多分。中学の時習った気がする。)必要なのは、送り出すときのちょっとの力。と必要な時にその流れを止めてあげるだけのちょっとの力。どっちも、地球の力を利用すると、ちょっとの力で済むはずなのだと思う。


フレーズを弾きだす前に、「どこに向かっているか」を描く。描いた目的地の方向に力を必要な分量だけ加える。これが、「下り」の時は、ほんとに送り出すだけで勝手に転がっていく。「上り」の時は、逆にスタートで力みすぎて力尽きないように、頂点の手前の一番辛いときのためにエネルギーを残しながらスタートする。この「ビジョン」が、フレーズ単位、からセクション、曲全体、ライブ全体、会場全体、とかまで描くこともきっとできる。逆にどんどんミニマムにしていって、フレーズ(文章1文)から、単語、一文字、一音弾くときのタッチの身体の使い方、とかに置き換えることもきっとできる。


いつも、今意識してる事の一個先、の大きいものを描いたときに、自然発生的に産まれる力、をうまく利用すると、とっても最小限のエネルギーでいろんなことができるのではないだろうかかかか。





掃除しなきゃ!と思ったら、綺麗になった部屋に何を置きたいかを考えてたほうが、楽にるんるんお掃除できる。みたいな。

じゃぁ、鏡をここに置こう!と思ったら、そこに映る自分はどんな洋服を着ていたいか。みたいな。

じゃぁ、その洋服着てる自分はどんな場所で仕事していたか。とか。




そして、今までの話は「横軸」ばっかだったが、これらを
輪切りにした時、同じ時間で平行して起こっている事柄を
輪切りの断面図として客観視する面白さ。




っていうことを、生活とピアノと色んなことにどう応用出来るか。ということがマイブーム。


昨日は電子ピアノだったけど、とっても楽しく弾けた。今の自分は環境に左右されるより、メンタルだなと思った。メンタル整えば、もちろんよりよい環境の時は、それを今度はいかせる。バケツでもピアノ弾ける状態で、いい環境の中さらによいものが出せるように、整えておきたいです。



練習して、休憩でドラゴンボール読みに行こう。
コウラしょって練習しようかな…。
とりあえずの目標はキントウンに乗れるようになることです。






↓姉と運営しているポータルサイト内のブログランキングです。
良かったらぷちっと応援してください。色々な音楽家の方のブログも読めます。

音楽ブログランキング

スポンサーサイト



最近の記事*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。