スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壁に穴を。穴に熊を。

2006年06月09日 22:28

壁穴1 壁穴2


朝。雨の音で静かに目を覚ますと、
右側の壁に、
いつもの朝の風景には無いものがあった。





壁に穴が。





身に覚えは










ある ( ;; ̄3 ̄)

昨夜。遠い記憶。ぷちん。
轟音と共に家全体が軽く揺れ、
同時に自分の右足かかとが、ジンジンと響いた。









どうしょぅ。
おうちを
は、破壊してしまった。


。・°°・o(T▽T)o・°°・。





ついでに思い出される過去。前科持ち。
我が家の桐ダンスを跡形も無いくらぃに破壊した。(のんでない
飲み屋さんのトイレのドアを破壊した。(のんでる
(↑ドア破壊2回。のうち、一度は何故か男子トイレ。)
キレて衝動で物壊すって中学生の男の子か、ぉい。
ですとろいやーあっか。










o( _ _ )o ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||




一晩たって朝、冷静になると真っ剣に落ち込むものです。
これでも一応、反省します。罪悪感でぴよぴよになります。


すると。




「トントントン。」

はぅっ!!! 父があっかを起こしにお部屋へ!!!

ヽ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;)ノ nigerarenai。



父「今日早いんだろ? 起きろー? …ん?」
あっか「あ。あの、えっとあの。」
父「どーしてこーなんだ?」


やばぃ!!滅多に怒らない父がさすがに怒ってるかもっ?!?!


あっか「えっとごめんなさぃ。昨日ね、夜にね、壁を私にかかとが穴で、えっと、ほんとごめんなさぃあのかかとがその…」















父「 (・_・)
  すごぃな。おぃ、かかと大丈夫かょ?
  早くご飯食えー」










あまりに胸が苦しくなりました。
そしてパパが去った後、くまちゃんを住まわせる事にしました。
夜パパが帰ってきて、あっかの部屋にくまちゃんを見つけると、

父「そーだ。そーやって飾ればいいんだ^^えらいえらい」

とほめてくれました。





あっかのパパは、昔からずっと、こーゆーパパです。





パパごめんなさぃ。
もう壁に穴開けたりしない。
もし開けちゃったら、今度はうさぎさん入れる。

壁が動物園にならないように、
もっとおりこうさんになります。
スポンサーサイト



最近の記事*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。