スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京フィルクラシックとのだめSP

2008年01月04日 23:31

のだめスペシャル皆さん見ていますか?☆☆☆

今夜ののだめを見るために練習を早めに済ませ、現在お茶飲みながらテレビの前います(≧ω≦)。今は千秋のコンクールのシーンですね。国際コンクールの雰囲気とか結果発表待ちの感じとか(笑)とてもリアルだなぁと思いました。紙を貼りだして、みんな群がる感じ。国際コンクールは聴きに行くだけでもとっても面白くて大好きです。

さて、去年秋から連載コラム書かせていただいている「東京フィルクラシック」という着メロサイト内で、今のだめ特集をしています。今回ののだめの撮影の指揮指導をされた、指揮者の飯森範親さんのインタビューがあり、読んでテレビを観るとさらに楽しめる★(≧ω≦)撮影裏話もありました。

ドラマ編で役者さんのヴァイオリン指導をしていた、12人Vn.の美人ヴァイオリニスト松本蘭ちゃんのコラムもあります☆

先月飯森さん指揮で、蘭ちゃんのブルッフのコンツェルトを聴きに行きましたが、とても素晴らしかったです!

コラムの読める着メロサイトはこちら。
iモードのメニューの着メロのところからもリンクされています。

東京フィルクラシック
http://melo.cave.co.jp/

のだめもきっと、千秋を追ってヨーロッパに来た、のではない気がする(゜-゜)

登場人物が純粋に音楽を追っている姿が大好きです。音楽を求める中で音楽以外の多くも学ぶ。音楽以外の中から音楽を学ぶ。今持てる最大限を求めて、でも音楽を求めていたはずがなぜかうまく行かないこともあって。

「こんな風に喜ばせたかったな」by千秋

こーゆーセリフに泣ける(笑)

音楽に真っ直ぐ向き合うことと、音楽を楽しむことは、逆の場所にあるんじゃなくて、同じとこに、向き合って求めた先にあるんだと思う。真剣な千秋見てのだめが泣くシーンが本作中いくつかあるけど、のだめが惚れてるのは、千秋であり音楽なんだなって。清良や龍ちゃんも。もちろん千秋も。音楽に惚れてるのかな。

音楽って、いいな。(゜-゜)
スポンサーサイト



最近の記事*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。