スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色彩。空間芸術。

2008年01月20日 13:15

昨日は音楽友達のピアニスト、菊地裕介さんのリサイタルに行ってまいりました。彼は学生の頃から有名人だったので、当時も何度か演奏を聴いたことがありました。その後彼はパリへ留学、様々な経験を経てこの度、帰国。先週CDデビューとなりました。


!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

プログラム初めのドビュッシーの「映像」第一集に感激。
絵画描いている過程を見ているかと思いました。しかも、2次元絵画ではなく、4次元の空間芸術の感じ。ここにこの色を塗ろう!と決めて筆を置くのではなく、音に対して支配的になるのでなく、気付いて感じ尽くしながら次のイメージを音楽にリクエストする感じ。音楽に対して究極の受動と能動が働いている感じ。写し紙を音にあてたらそこに景色が表れるような、そんな印象を受けました。フランス。ドビュッシー。色彩感のある音楽。音って、イメージの蓋閉じてると、平面上に描いてしまったりするのだが、球体360度自由に音を聴こえさせられるようになりたいなと、自分の音にもさらにビジョンを持てました。とても勉強になって良かったです!


最近色んな方のコンサートを聴く機会が増えました。音楽っていいなぁー、はふぅ。と思えた日はとっても幸せ。いい音を耳に入れられた日は必ず、帰宅してピアノに直行してしまふ。いい音。いい映画。いい場所。いい食事。びびび婚の可能性のあるものに、まだまだたくさん出逢えるよう。自分の中に気持ちのスペースや感じられる余裕を持てるように、、、。まずは、、   


少し散らかり出した部屋を元通りにします。  かくっ。



スポンサーサイト



最近の記事*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。