スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片倉高校吹奏楽部定期演奏会

2008年05月07日 14:55

今日はうちの母の教え子さん(中学のブカツの生徒卒業生)の通っている高校の定演へ。ここの高校の吹奏楽部は全国でも有名で、数え切れないほどのコンクール受賞歴を持っていらっしゃいます。全国大会2連覇や世界大会優勝など…ひえぇぇx。


そしてわくわく期待してホール会場へ。

1部 クラシカルなもの
2部 マーチング、新入生・卒業生それぞれの企画もの
3部 Funkyなポップス


いやぁあああああああああああああああああああああああああ


素晴らしかったです。満足!!
長いコンサートだったのに、ホントに楽しめました!
久々に感想いっぱいかきます!!!


まず1部。
プロのオーケストラを聴いていてもなかなか「これは絶品だぁ!!!!」と思える管ってなかなか少ないとききます。やはりそれだけ難しいのかなぁ。そんな管楽器なのですが、これは高校生ならではというか、その練習量がにじみ出るようなさすが日本一といったまとまったサウンドでした!!ひぇぇ。下地というか、基礎の部分がキッチリしてる!!譜面からの反射的な技術や表現がここまで仕上がってまとまっている分、今後も音楽的なさらにさらに先をどんどん期待してしまうような演奏でした!!


そして2部。
休憩後の客席が皆席に着くのを待つことなく、突然ライトアップされたステージ上で始まったマーチングのショー。あわてて席に戻ると皆ステージに釘付け!!マーチングって、演奏以上に視覚的要素が強くて、その聴覚視覚両方が相乗効果で観るものの脳に「ずばっびしっぴっぴっぴっずどーん!」(?)と、気持ちよく入ってくる気がする。つまり、音だけで入ってくる感動が、その音楽の流れに合った「動き」と共に入ってくることで、感動が倍以上になる。そして、、これ、動きの練習だけでも絶対大変だと思う!!あと、自分ひとり間違えたら全体に大迷惑というプレッシャーもあるだろうし…。あぁ。こういう集団芸術団体競技系って、憧れや羨ましさもあるのかな、観てるだけでホントに感動する。高校生くらいのこの歳で、「アンサンブル=人間関係のアンサンブル」を学べる事は、「社会」というアンサンブルの世界に出たときに、その経験がもーーーーーーーの凄く役に立つと思う!!!


新入生の企画ステージはボディーパーカッションのようなもの!この4月に入学したばかりの新入部員40名ほど(多!!)。たった1ヶ月しかなく、高校生活に慣れて友達の名前を覚えるので一杯一杯なはずなのに、いやぁーーーーフレッシュで素晴らしいパフォーマンスでした!元気をもらった!たった一ヶ月でステージという無茶っぽい企画を1000人以上の大ステージで見事に成功させたという経験は、彼等にとってとっても自信と経験になったと思いました。吹くステージは一ヶ月じゃさすがに難しいかもだけど、吹かなくても「ステージにあがる」という経験は絶対大事。

そして、卒業生の企画ステージ、こちらはラインダンス!!!卒業生もみな新たな進路先で生活が始まっているにもかかわらず、32人中30人があつまったというのだから、すごいなと思いました。練習時間なんてそれこそ取れないだろうに、それでも「観ている人に楽しんでもらう!」という気持ちががっつり伝わるステージでした。



そしてそして3部。

部員は皆カジュアルな衣装☆そして…70年代の世界から飛び出してきたようなファンキーな衣装のおじさまとブラックギタリストが登場!!はっきりいって…そのおじさまに釘付けです(笑)!!!!植田先生とおっしゃるその先生、プロです。ショーとかエンターテイメントとか、「魅せる」「楽しませる」という一番大事なことを、こんなプロの方に指導してもらえる生徒さんは幸せだなぁ!!と思いました。そういえば吹奏楽って、クラシカルからポップスまで、バランスよくオールジャンル演奏するなぁなんて思ったり。とにかく、ステージ上の生徒さんが「楽しんでいる」ということがとっても伝わって、最後は会場全体オールスタンディングでFunkyダンス!!!やっぱり自分自身70’sFunk好きだぁと思ったりw!会場の通路で踊っている一年生達のまっすぐなパワーがさらに会場のテンションをあげてくれました!いやぁああああああ。高校の定演というか、一つのエンターテイメントショーです。




入学して一ヶ月で。こんな素敵な先輩方のステージを一緒に体感できた1年生。先輩方は本当に素晴らしいものを後輩に残してそして、受け取った後輩達がまたそれを引き継いできたんだなと思いました。あと、若いうちに、何か一つのことに打ち込んで、さらにその世界の「トップの世界」を知ることは、卒業後どんな進路を選んだとしても、必ず生きてくると思いました。1年生は、これからの3年間、練習やコンクールなど大変な場面がたくさんあると思うけど、この「みなで一つのものを作り上げる喜び」と、「苦しい先の何かを掴んだときの喜び」を、仲間と共有できるって、この3年間は、一生の宝になる、今後の人生に大きな力と自信になると思った!!


あと。

プログラムにお母さん方の一言メッセージみたいなのが載っていて。
感動して、ほろっときてしまいました。
毎日毎日厳しい部活の子供の生活と心を、影でしっかり支えているご両親様。。
そして、コンクールのたびに応援に行き、子供たちは音と結果でしっかり応え、そんな子供たちに「感動をいつもありがとう」のメッセージ(T T)
そして、この子達、ホント親孝行だなぁと思いました。



また公演とかあれば聴きに行きたいです!
応援してます!


いいなぁ。。私もここの吹奏楽部入りたい。。。
でも吹く楽器って鍵ハモしか吹けないし…
昔友達にトランペット借りて吹いてみたとき、
数時間たっても音が出なかった…OTL
スポンサーサイト



最近の記事*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。