スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェロリスト(誤)

2008年07月20日 01:05

木曜日のこと。トリオ室内楽レッスンが終わって先生方の休憩のお時間…。。
チェロ眺めながら指をくわえていると


Y先生「弾いてみる?(^▽^)」


ぎゃぁぁ!。ぎゃぁです。



まず椅子に座ります。
Y先生が楽器を私の左肩のあたりに運んで来ます。
いかん。それだけでドキドキする私。。
なんか、憧れだった人に初めて実際会って凄い至近距離にいる感じ(?)。



さて右手で弓を持ちます。
持つところってこんなカタチしてたんだ。ほー。
小指を○印書いてるあたりに。親指は溝(?)みたいなとこで、
人差し指は思ったより深く(?)持つ。
こんなに持ちにくいんだ!すぐ落としちゃいそう。。
…ってこの時点ですでに手首腕肩がガチガチな私。笑
力抜いてーと言われながら、いよいよ弓が弦の上へ。
「でーせん(D線)」と言われる左から2本目の弦を弾きます。
人差し指の方に重みがあるのだが、手の重みはそこではなく、
弓と弦接してるそこに手の重みが乗ってる感覚。ほほう。
お箸持ってる手なんだけど意識があるのは豆つまむとこ。
みたいな感じ。でも持ち方はおはしではなく。
人差し指が思ったよりも奥で持つというか。
で、そうこうしてるうちにやっぱり力が入るので、脱力。


080717_151649.jpg

そこから手を右に動かして行きます。


お。。おおぅぅx!





ギィィーーーーーーーーーーーーー。。。。。。。。




ふぉぉおっぉ!! 

これは私の知ってるチェロの音では無い…( ̄□ ̄!!(笑)








と、しょげずに、弓を行って帰って、行って帰って、。ぎーぎー、、
手のカタチと、力を気をつける。
時々、チェロの音っぽいのが出るときもある。おおっ。
押さえつけるとギーってなっちゃう。
かといって抜くと、手に力入っちゃって弦にうまく乗らない。
気をつけないと隣の弦も一緒に鳴っちゃう。
難しい。
動かす時斜めに手が行っちゃうので、真っ直ぐ、と思っても、
どの感覚が真っ直ぐなのか分からないので、
Y先生が一緒に弓を持ってくれて、正しく動かしてくれる。
その感覚を手に覚えさせる。ほほう。

ダウンの時(腕が開いてく方向。)は、
実は思ったより結構遠くの方に手が行く。
スタートのときの右手の感じのまま最後まで行っちゃうと、斜めってる。
逆に、帰りに、向こうの手の感じのままで戻って来ても、斜めってる。
ちゃんと、スタートの時の力抜けた手の感じに戻る感じ、、
そうか。なんか、こう、手首がみにょーん、というか、関節というか、、

D先生いわく
「ほら、竹蛇!あの感じ!(^▽^)」

ほほう!それは分かりやすい!あの、連動してる感じ。
だから、手首固めちゃうといかんのだ。しかし分かっても出来ん。むー。

テコの原理というか、地球のもともと持ってる力利用して
出来るだけ脱力して効率よい身体の使い方をするってのは、
楽器違っても、なんでも似てるのかもしれないなんて思った。


行って帰って。行って帰って。行って帰って。行って帰って。
帰りが難しい。音が途中で「ガッ」ってなっちゃう。うーん。
そうこうしてると、すぐ手に力が入っちゃう(T T)
そのたびに

Y先生「はい、お化けの手ー。はいそのまま持つー(^▽^)」
Y先生「はい、人差し指の位置ねー(^▽^)」



ひたすらそれを繰り返す。
そうか。弦に対してベタっって弓乗ってるんじゃなくて、
ちょっと斜めになってる感じなんだ。ほうーーー。音色全然違う。






今度は左手。ほんとは初めは印とか(どこがどの音、みたいな目印)が
あった方が良い、ってことなんだけど、
先生のチェロにはそんなものはついていない。ので今日はちょっと触りだけ。
おお!左手構えると、なんか弾けそうな気がしてきた!(←ぉぃ。)

Y先生「はい、じゃぁ3の指をはずしてみて(^▽^)」
あっか「はい(^▽^)」



Y先生「あ、それじゃなくて(^▽^;)」



…おやーー!!!そうでした。
ピアノでいう「3の指」は中指のこと。
弦楽器の場合、「3」といったら薬指なんです。



ちなみに豆知識。________

ピアノ「親指1」「人差し指2」「中指3」「薬指4」「小指5」
弦楽器「人差し指1」「中指2」「薬指3」「小指4」

_____________こんな感じ。

この後ちょっと指押さえるのをやったのですが、
反射的に数字と指がピアノ用で反応してしまう。うぅぅ。。(T T)
こちらも慣れるのに大変そうです。






結局今日はこの辺まで。短時間なのに超充実!先生有難う(T T)。。
笑顔で厳しい感じ、大好きです。教わる、学ぶ、って楽しい。
そしてキラキラ星くらい弾けるかなと思った私がアホでした。。
いやでも、多分どんな弾き方でもいいなら耳で弾けるんだろな。
でもでもそれよりも、なんか、曲を弾くとかじゃなくて、
今日も一音を繰り返し繰り返し同じことやってただけだったけど、
基本のカタチとか、身体の使い方とか、そして、それによって、
良い音楽を作るためにまずは良い音出せるように、、、
ってなんかいいな。
うん。一音でいいからまず良い音出せるようになりたい。






あと。今日感じたこと。
◎楽器が自分の身体と近い。
◎音を作ってるという意識がピアノより感じやすい。
◎音が近い。フィードバックを身体で感じやすい。
◎のばしている音の意識。常に進んでいる感覚。



あーーーー。むずむずむずむず。

入門届け(?)は随分前に提出してあるので、あとは楽器を買うです。




チェリスト(正)。


今日の楽器→チェリストY先生の。
写真撮影→ヴァイオリニストD先生。

ぎーぎーぎーぎーもくもくやっていたら、いつのまに撮ってくれてた。
スポンサーサイト



最近の記事*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。