スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復活祭終了☆

2006年09月25日 14:09

無事23日、「しほりとあすか」の復活祭ライブを大盛況に終える事が出来ました。多くのお客様と、復活を心待ちにしてくださっていた方々、影で支えてくれた友達、相談に乗ってくれた友達。2年間のブランクの間、それぞれ色々大変なこともあったけど、それら全てがあってこその「今」なんだーと、感謝の気持ちでいっぱいです。
今後はもちろん、今までどうりソロ活動やそれぞれの仕事をメインに活動していくと思いますが、また、「復活企画」という感じで、ライブものんびりマイペースに続けていけたらいいなと思っています。




音楽ブログランキング

__________________________________
恵比寿の天窓はキャパ100とちょいくらい。ちょうど満席の会場は、とても暖かく、パワーをたくさん頂きました。大きなホールで知らない多くのお客さんの前で弾くこと、の気持ち良さもあるのかもしれないけど、ステージと客席が近い距離で、自分たちを見るために足を運んで下さっているお客様、という空気はまた全然違うなぁと感じました。
えー。ライブは3部構成で、「しほり」「松本あすか」「しほりとあすか」の順。トータル3時間近くのステージとなりました。はぃ。おしゃべり好きな二人です(汗)。そうそう、ライブ中トークでも話しましたが、昔イベントMCしてたんですね、私。思い出しました。イベントMC。あ、ラジパ。したいです。クラシックFM。今、あまりないよね。もっと、カジュアルポップで若者も楽しめるようなクラシックFM。あ、話。脱線。




昔と比べて、一つ一つのライブやステージを、肩の力を抜いて楽しめるようになったなーと思う。一曲一曲に対する想いも、昔は二人とも強過ぎて近眼過ぎて、一曲ごとに魂すり減って飛びそうになってたなーと、思い出した。でも、決して今、想いが「薄まった」という話ではなく、離れた位置から細かい手触りを感じて、より想いを感じられるようになったというか。二人ともちょぴっとずつ、歳をとったのかなと思う。大人になることは素敵なことだなと、二人の変化を自分たちで眺めた時に、そう思った。

最近しほりちゃんの歌の伴奏をしていると、
楽しい時に「楽しい!」、悲しい時に「悲しい!」と、わおぉーーーと叫ぶだけ、ではない、
もう一つなんだろう、広いというか、深い大きなものを感じて弾いてます。



ソロも、人生も、どんどんそういう音を出して行けるようになりたいな。

クラシックの楽譜見てると、そういう音がたくさん。かくれんぼの鬼の気分で楽しい。
「この曲を作った人は、悲しくても悲しいと言えなかったんだ。」
そんなC Majorコードを奏でられるような、感じ取れるような、
大人になりたいです。まる。




そんなこんなを感じた復活祭でした。あ。アタラシイCDをレコーディング準備中です。
わくわくー。
スポンサーサイト



最近の記事*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。