スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恩師ホリセン宅訪問の巻

2009年01月05日 19:11

ふめんの前で煮詰まる
 → 煮詰める
 → 水分飛びすぎて脳カラカラに

ふぉーーーーーーーーー!!


となっていた頃。地元同級生から連絡が。
久しぶりに友人と2人で小学校の恩師のお家に突撃訪問してきました。
6年3組27名は人数少ない分とても仲がよく、今でもクラス会やお花見を開催しています。しかし当時は濃いキャラの多い学年だったため、毎放課後誰かが問題を起こし涙を流し学級会(^^;)、、そんなクラスの担任通称「ホリセン」は、これが生徒の誰より強烈キャラ(笑)。ちょっと変わった個性溢れんばかりの授業で、生徒の人気者でした。今思い返すと、いかに先生の授業が研究と経験を重ねた中から生まれた本質を捉えた授業だったかが分かり、あんな授業を受けられた自分は幸せだったと思います。

「小学生舐めんなよ、アイツ等、すげーんだぜ!ヾ(`・∀・´)ノ ♪」

久しぶりのホリセン節は健在で☆いつでも真剣勝負真っ正面且つ360度あらゆる方向から子供に向かう先生。雑談や昔話、先生の最近の話や自分たちの近況報告。数十分の訪問だったけれど、なんだか色々感じた時間でした。60歳過ぎても常に学び続けて新しいものを作り出して前進している先生は、めちゃくちゃカッコイイです。


子供に教えるって、深いなぁ。そして、教わることがホント大きいんだなぁ。。大ベテランの先生が「めちゃくちゃオモロいアイツ等!!」と言っているあの感覚を、自分も持ち続けていたいなと想いました。


先生宅向かう途中、同級生何人かとも会いました。母業こなしながら働いていたり、働きながら資格取る勉強をしていたり、皆それぞれに頑張っています。でも会えば12歳の時の感覚がすぐ戻ってくるから不思議☆


よしっ。私も頑張りょ。
スポンサーサイト



最近の記事*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。