スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカルボ~聴きドコロ★その2

2009年02月04日 15:01

さて!13日のコンサート聴きドコロ☆今回はその2です♪

ラヴェルの「夜のガスパール」3曲目の【スカルボ】。

一般的に超有名曲ではありませんが、ピアノ界の中ではとてもメジャーな一曲です。というのも、「連打超絶技巧!」「イスラメイ VS スカルボ」と言った具合に、難曲!としての話題によくなるのですが、、気になるのはやはり「スカルボってなんぞや?!」ではないでしょうかΣΣ(゚д゚lll)

元々この曲は19世紀の初頭の無名の詩人の書いた散文詩集からの一編を元に、ラヴェルが書いたものです(この詩人は死後に名前が知られるようになった★)。楽譜には原文が載っていたり、色々な解説書にこの「スカルボ」について書いてあります。この曲に限ったことではありませんが、当然定説といわれている解釈も演奏法色々で、最後は聴く人弾く人のイメージにもなってくるのかもしれませんが…。とりあえずアバウトすかるぼ!情報をちょっとまとめました。

「スカルボとはどんなヤツや!?」

★小悪魔。他には、妖精、子鬼、妖怪、お化け、地の底に棲む不気味な悪霊、などの呼ばれ方もあり。
★ちっちゃいらしい。
★すばしっこい。
★月の見える夜、暗がりの寝室に現れる。
★部屋の中を自由に転げ回ったり天井から飛び降りたりくるくる回ったり。
★消えたり現れたりしながらぴょんぴょん飛び回る。
★寝台のところに来て騒々しく笑う。無気味な存在。
★金の鈴をつけ、とんがり帽子をかぶっている。
★変幻自在。消えたか?と思ったら、月をバックに急に大きくなって目の前現れたり。
★最後はやがて青白くなり、ろうそくのように透き通って、突然消えちゃった


((((;゚;Д;゚;))))カタカタカタカタカタカタカタカタカタ


「夜のガスパールは悪魔の助けを得て書き上げられています。しかし驚くにはあたりません。この詩の作者は悪魔なのですから」(BY ラヴェル本人)


悪魔の助けを得て書かれた楽曲を13日の金曜日に教会で弾いたら何が起こるのか
弾いて大丈夫なんだろか、お化け屋敷大嫌いな私が、。


((((;゚;Д;゚;))))カタカタカタカタカタカタカタカタカタ




曲背景を知ってから弾く、聴く、というのも、クラシック曲の大きな楽しみ方の一つな気がします。「弾くーー=!」で充分いっぱいいっぱいになっちゃうのですが(笑)うん、そこで終わっちゃったらもったいないよなー━(・ω・`)
次回、聴きドコロその3もお楽しみに!
コンサートチケット予約は以下から出来ます♪

piano espressivo~metamorphose チケット発売中!

日時:2009年2月13日(金)
会場:グローリアチャペルキリスト品川教会
地図はコチラ→http://www.j-two.co.jp/asuka/img/gloria-chapel_map.pdf
OPEN 18:30 START19:00
前売一般券:4,500円 /当日券5,000円
前売学生券:3,500円
(枚数限定・入場時に学生証等、身分証明書のご提示/当日学生券の販売はありません)
※未就学児童の入場はご遠慮頂いております。
チケットはコチラから↓
http://eplus.jp/sys/T1U89P0101P006010P0050001P002020280P0030004P0006


スポンサーサイト



最近の記事*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。