スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンドン日記★第3日目

2009年06月08日 17:42

★6月6日(土)


「ぎゃ嗚呼ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」



という悲鳴で目覚めた朝五時くらい。



例の持病、「明け方絶叫」がついにロンドンでも…苦笑


朝起きてきた姉に「昨夜ごめんね…」と言うと、気づいてない様子。義兄さんも何も言わないので
、あれ大丈夫だったのかなぁ、叫んだと思ったのも夢だったかも。うんきっとそうさ、と思いながら朝食。昨夜のチゲ鍋が雑炊になって登場。あー美味しい!…と、食べ終わるころ。


義兄「ところでさぁ…



今日明け方ね、何時だろう…女の人の悲鳴っていうか、ただの悲鳴じゃなくて、こうなんていうか、そうとう凄い叫び声が聞こえて来た気がしてね、目が覚めたんだけどね、でも横みたらさやさん熟睡してるしね、とりあえずまた寝たんだけど、ただ事じゃない気がしてね、何かの予知かもとか思ったりして… とりあえず、気をつけてね。」




…やっぱり。 ∑(; ̄□ ̄A アセアセ

彼には聞こえていた…



何か身近な人によくないことがあったのじゃないかとか、俺にもついに予知能力が身についたのでは!?とか、話して変に心配させちゃったらどうしよう…とか、色々考えていてくれていたようでした。あぁぁぁあ。 ごめんなさぃ…苦笑。




さて。午前中の練習後、姉さやかの所属するサッカーチー(参考日記の姉ブログ→http://sayalondon.exblog.jp/10298900/)に飛び入り参加しよう!と計画していたのですが、残念ながら雨で練習中止(泣)。しかしその分しっかり練習出来ました。

DSCF9327.jpg

練習していてとっても気持ちのいい部屋です。


DSCF9339.jpg

リビングのスタンドライトのお皿(?)にちょうど2台ピアノが映りこんでいたので、パチリ。




さて夜はOxford Circusへ電車で移動。
「Sister Act」(「天使にラヴソングを」です!)のミュージカルを観に行きました。

DSCF9342.jpg

中の様子↓。手違い(?)かなにかで、めっちゃいい席に変更になりました。ラッキー!

DSCF9343.jpg



アメリカでいくつかミュージカルを観た時も思ったのですが、このようなエンタメが生活に身近というか、そんな雰囲気ってやっぱりいいなぁと思ったです。演奏会やオペラも、昔は特にもっと、こんな雰囲気だったんだろうななんて思いました。さてミュージカルは、とっても楽しかった!!内容を知っていたこともあり、また作り方が王道で分かりやすいというか、英語が分からなくても全然楽しめた。また、画面と舞台の違いも面白く、スクリーンに映っていない人や台詞を話していない人の動きなどが生み出す奥行きとか、オケピットからの音楽の役割や照明、舞台美術やセットの転換、それらが客席から観て目で立体的に分かる部分がとても多いということ、がとても面白く、まるでオーケストレーションだなーなんて思いました。うーん。楽譜読みって舞台を観ることから勉強になることって、とっても多いのかも。ももも。


その後はチャイナタウンで遅い夕飯です。イギリス料理ってあまりピンとくるものないですが(苦笑)、人種のるつぼロンドンならではというか、各地域の専門料理店はいろいろあってとっても美味しく楽しめます。この日の中華も美味しかった♪


帰宅をして眠気ピークで就寝☆

スポンサーサイト



最近の記事*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。